アメリカの食文化について  


アメリカは沢山の国の人たちの文化が混ざって出来上がりました。
アメリカには牛肉やとうもろこし等、質の良い食材を使った料理が沢山あります。
広大な敷地の割に、人口が少なかったので、機械化が進み、カンズメなどの保存食が非常に発達をしています。合理的に食事をするために、ハンバーガーや、フライドチキンなどの軽食が発達しているのも特徴です。 各地によっても特色がありますので紹介をします。

ボストン
インゲン豆などをケチャップで似たスープや、クラムチャウダーなどが人気があります。
中西部
北欧出身者が多いのでじゃがいもの料理が多くあります。
南西部
砂漠があるので、干し肉などを食べることが多いです。

沢山の人たちが集まっている国ですので、なんでもあります。
その中でもこってりとした領地が人気があり、乳製品や肉料理を欠かすことは出来ません。主食はパンとシリアルを好み、肉を中心とした食事が多く、サンドイッチやピザ、サラダ、ハンバーガーが多いです。
特にステーキは特徴があり、自宅でも肉厚のステーキを食べることが多いです。 アメリカの食事は何といっても量が多いです。 食べる量が普通では無く、ファーストフードでは食事をコーラで流し込んで食べます。
アメリカにはコーラが大切な飲み物と言えます。
アメリカの食事にはいくつかの特徴があります。 まずは量の多さと甘さです。アイスクリームにシロップをかけて食べるのが普通です。 また、野菜が非常に少ないですので、サプリメントで補う人がほとんどです。